無印良品の頑丈ボックスを簡易テーブルにカスタム!

  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • POCKET
  • Feedly

無印良品の頑丈ボックス(大)を、キャンプ道具の収納のために購入しました。

購入したのはポリプロピレン頑丈収納ボックス・大
約幅60.5×奥行39×高さ37cm
です。

ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大

無印良品のサイトはコチラ→

上蓋をひっくり返すと本体にピタリとはまります。
ここにロールトップ式の天板を作って簡易テーブルとして使用できるようにしたいと思います。

ロールトップ式の天板の作成

材料は2パターンをつくります。

これで一台分

こちらも、これで一台分

ファルカタ材は150×6×910@278円を4枚。
シナベニヤは600×900×4@998円を1枚。

まずはファルカタ材から

ノコギリやカンナで大きさを作ります。
幅は4等分になるようにー。

2枚を張り合わせるので4等分ですが8枚必要。

張り合わせる前にヒモを通すミゾを掘ります。

電動ルーター(トリマー)

3mm程度のミゾ

これを張り合わせて…

木工用ボンドで圧着

接着後、角をフタに合わせて落として…

サンドペーパーで面取り&微調整したら完成。

こんな感じに〜

続いてシナベニヤも

こちらは4等分する前にミゾを掘ります。

後は4等分にカットして、張り合わせてカドを落として微調整。

これにて完成。

アウトドアでの使用のため、きっちり塗装します

まずはオイルステインで塗装。
カラーはウォルナット。

仕上げには油性ウレタンニスのクリアーを塗装しました。

シナベニヤ
左2枚はオイルステイン後
右2枚はウレタンニス後

乾燥したら、これにて塗装は終了〜。

ヒモを通して完成

数種類のヒモで試してみましたが、伸縮性の少なめのヒモのほうが良い感じでした。

実際にフタにはめてみると…

ファルカタ材Ver.

シナベニヤVer.

折りたたんだ図

4等分より幅を細くすると、安定感が悪くなります。
写真の突起にひとつの板が2ヶ所以上は接地したい感じ。

これにて全行程が終了〜。

ほぼイメージ通りにできました。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • POCKET
  • Feedly
ブログランキングに参加しています
  • にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ

無印良品の頑丈ボックスを簡易テーブルにカスタム!”へ4件のフィードバック

  1. ノリマキ より:

    おっ!ちょうど無印良品頑丈ボックス欲しいなぁと思っていたので、真似して作ってみたいなぁ…と思い記事を見てみると…
    …ガチすぎて到底真似できないッス…。涙

    1. ヤモリヤ ヤモリヤ より:

      コメントありがとうございますw

      ヒモとか小難しいことしなくても、3等分ぐらいの板を並べるだけで大丈夫そうですよー

      1. ノリマキ より:

        その時が来たら、モリモリ木工に発注かなぁ…笑

        1. ヤモリヤ ヤモリヤ より:

          w
          はい!よろこんでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SEARCH
サイト内検索

AUTHOR
著者

ヤモリヤ

ヤモリヤ
1980年生まれ/神奈川県在住 生まれも育ちも神奈川県、松坂世代のアラフォーです。 慣れ親しんだ三浦半島西岸エリアを中心に、釣りやら波乗りやらをしております。 『ヤモリヤ社長』とは名ばかりで、稼ぎは悪いくせに趣味の道具達には妥協したくない!という、典型的な道楽ビンボーさん。