コールマン508Aの燃料漏れを修理!

  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • POCKET
  • Feedly

昨年の夏にコールマン508Aガソリンシングルバーナーを久しぶりに使おうと、ポンピングをして燃料レバーを開いたところ…

プシュー!!

レバーの付け根からガソリンが噴射してます!

アワワ…

燃料レバーのゴムパッキンを交換

赤矢印のところから漏れていました

色々と調べてみたところ、おさらく燃料レバーのゴムパッキンの劣化であろうと推測し、パーツをネットで注文してゲットしました。

今回使うのは大きめのやつ二つです。

ちなみに、軽度の漏れならナットの増し締めでも改善することもあるらしいです。

この工具だけで、だいたいのコールマン製品は対応できます。ちょっと使いづらいですけど。
コールマン製品を数多く使う方なら、キャンプ先などでの緊急時用に持っておいてもいいかもです。

まずは燃料レバーの取り付けナットとジェネレーターの取り付けナットを緩めます。

赤丸のナットを外します。

ジェネレーターのとこの金具とフックを外します。
で、燃料レバーを引き抜きます。

青と黒のゴムパッキン

青と黒のゴムパッキンを交換します。
外そうとしたら、あっさり切れてしまいました。
かなりゴムが硬化・劣化していたようです。

新しいパッキンを装着

新しいゴムパッキンは柔らかくてすんなりと装着できました。

あとは元通りに組み立てるのみ。

燃料レバーを差し込む際、ジェネレーターがきちんと作動するように気をつけましょう。
燃料レバーの先端がミゾみたいなとこにハマるように差し込んでいけば大丈夫です。

これにて作業終了〜。
点火試験しても燃料漏れはなく問題なし!
今後も大事に使っていきます!

ありがとうございました。

メンテナンス・改造等は自己責任で!

スポンサーリンク

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • POCKET
  • Feedly
ブログランキングに参加しています
  • にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SEARCH
サイト内検索

AUTHOR
著者

ヤモリヤ

ヤモリヤ
1980年生まれ/神奈川県在住 生まれも育ちも神奈川県、松坂世代のアラフォーです。 慣れ親しんだ三浦半島西岸エリアを中心に、釣りやら波乗りやらをしております。 『ヤモリヤ社長』とは名ばかりで、稼ぎは悪いくせに趣味の道具達には妥協したくない!という、典型的な道楽ビンボーさん。