SUPフィッシングでペンペンサイズのシイラをゲット!

  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • POCKET
  • Feedly

梅雨も明けて夏真っ盛りの今日この頃、湘南エリアのオフショアでは青物が釣れているとのこと。
ならばと、ホームエリアの三浦半島西岸にて青物狙いでSUPフィッシングをすることに。

ベイトの姿は皆無…

浜辺で海水浴をしたりSUPでクルージングを楽しむ人達を横目に、ロッドを背負って颯爽と沖へと向かいます。

時刻は17:00、潮は上げ三分、風はほぼ無風。
1kmほど沖の狙いのポイントに着きました。
ベイトの姿は見えず、当然ナブラってる様子もありません…。
まぁ、毎度のことです。

とりあえず、30gのメタルジグをボトムまで落として、ワンピッチジャークで様子を見ます。

その時は突然に…

何投かしてみるも全く反応はありません…、とそのとき、ルアーのピックアップ直前に何やらジグの後ろに魚影らしきものが⁉︎

「よく見えなかったけど、今のは魚かな?」

自信はないものの、今度はジグをキャスト後に沈めずにリトリーブしてみると…

グググッ!
ヒット、ヒットぉ〜!

お、なんだろ?
と考える間も無く、掛かった魚は何度もジャンプしてます。

はい、シイラです。

元気一杯に飛んだり走り回ったりして、楽しませてもらいながら無事に確保。

35cm程のペンペンサイズのシイラです!
SUPフィッシングで初の釣果なのでとても嬉しいところですが、感傷に浸ることもなくすぐに再びキャスト。

すると、同じパターンでまたヒット!
ということで、しばらく入れ食い状態が続きました。

アタリがあって乗らなくても、巻き続けていれば2度3度と喰ってきます。
常に数匹のペンペンがジグを追ってきてる感じです。

そんなこんなで、30〜40cmのペンペンシイラを10匹ゲットしましたー。

ペンペンの反応もなくなり、日も沈みかけているので、18:30頃に大満足でのストップフィッシング。

夕日を背に、浜辺までのウイニングロードをクルージング。気持ちよかったです🎶

ランディングネットは必ず持っていきましょう!

今回はランディングネットを忘れてしまったがために、ピックアップ時やSUP上でのオートリリースで10匹以上のペンペンを逃してしまいました…

サバやシイラなどの青物は釣り上げた後も元気にバタバタしているので、狭いSUPの上でフックを外すにもランディングネットに入れておかないと苦労しますし、フックが指などに刺さる危険もあるので、ランディングネットは用意しておいたほうが絶対にいいと思います!

今後の展望

カヤックフィッシングでは、もはや必須アイテムになりつつある魚群探知機ですが、SUPフィッシングでも効率的に釣っていくにはいいですよねー
もちろんSUPフィッシングで使っている方もたくさんいると思います。

今回は偶然にも活性の高いペンペンシイラの群れの中にSUPが入っていったワケですが、ベイトの気配やナブラなどがない中で今後も今回のようないい思いをするには、やはり魚群探知機が必要かもしれませんねー。

まぁ、しばらくはのんびりとSUPクルージングしながらの釣りを楽しんでいこうかと思いますー。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェア&フォローして頂けると嬉しいです!
  • facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • POCKET
  • Feedly
ブログランキングに参加しています
  • にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ
  • にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
  • にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SEARCH
サイト内検索

AUTHOR
著者

ヤモリヤ

ヤモリヤ
1980年生まれ/神奈川県在住 生まれも育ちも神奈川県、松坂世代のアラフォーです。 慣れ親しんだ三浦半島西岸エリアを中心に、釣りやら波乗りやらをしております。 『ヤモリヤ社長』とは名ばかりで、稼ぎは悪いくせに趣味の道具達には妥協したくない!という、典型的な道楽ビンボーさん。